住宅は資産として評価する

こんにちは。
埼玉県の注文住宅 新築 リフォームなら「原価で建てる自然素材の家」「外断熱の家」(有)埼玉建築職人会にお任せ下さい。

マイホームが資産であるということはみなさんも容易にお分かり頂けると思います。

ではなぜこれほどリフォームをせずに家の寿命を縮めている人が多いのでしょうか?

適切なときにリフォームしないということは、見方によっては「趣味のスクールの契約」をして毎月お金は引き落とされているけれど通わないのと同じようなことで、ようするにお金を捨てている状態です。
私はよく街を歩きながら痛んでいる家を見てそう感じます。

その中には、そうして放っておくことによって、その仕上げ材で隠れている部分はきっとすごく傷んでいるだろうなと想像しています。私は仕事上、常にそんなことを気にかけながら車を走らせたりもしています。

経験上、それらの家の劣化状況を見て、どのくらい劣化していて、それがどのくらい深刻なものなのかが想像できる。そしてなおも放っておくと費用面での負担がどのくらい増えてしまうということも考えてしまいます。

そのようなメンテナンスが必要になっても何のメンテナンスもしないでずっと放っておいている家があちこちに数え切れないほどあるのです。

現在、いろいろな商品の物価が上昇し、消費者である私たちは少しでも安くて安全なものを求め、日々の生活費をやりくりしていますよね?

でもそんな日々の小さな努力によって貯めたお金が丸ごと吹き飛んでしまう『費用面での負担』がこのメンテナンスをしないで放ってある住宅にはあるのです。

屋根のメンテナンスひとつ取り上げても。
例えば、一般的に多く採用されている「スレート系屋根」を15年間何のメンテナンスもしないで放っておいたとしましょう。

すると「本来なら7年ほど」、遅くても「10年以内には一度塗り替えたい部分」ですが、15年もノーメンテということは、少なくとも5年間も余計に屋根素材の劣化を進行させてしまっているということになるのです。

私が手がけた多くのスレート系屋根のリフォーム現場では、築15年、もしくはそれ以上の現場は、見た目よりも劣化しているケースが多いのです。ただ劣化しているだけならまだいいのですが、屋根の素材自体が歪んで建物との間に「すき間」ができ、強い雨の状況下では容易に建物まで水が入ってしてしまうのです。

つまりそこから少しずつ腐り始めるのです。

そうなると本来は塗装で済む工事が塗装では済まずに全面張替えになってしまうという事例も少なくありません。

なんと、全面張替えの費用は塗装の3倍以上します。

これは少なくても3倍必要になるということで、建物の修繕などを行うと4倍から5倍というケースも大げさなことではないのです。

具体的にお金に置き換えると10万円の塗装工事が30万円~50万円の全面張替えになってしまうというようなイメージです。

どうでしょう?

こう考えるとマイホームのメンテナンスってとても大切ですよね。


以前の記事でサイディングの変色

という事例をご紹介しましたが、ここで私が紹介した変色事例は築年数が比較的浅い物件なのです。

つまり築15年程でもサイディングのメンテナンスをしないで放っておくと、材料が変色してその異変に気付いたときにはもう遅いのです。そのとき既にサイディングは歪んでいるでしょう。

「問題が起こるまで」なかなか動けない方が多いとは思いますが、銀行にお金を預けて自分の資産を守り、日々の生活を工夫して少しでも切り詰めすることも大切ですが、それ以上に大切なのはマイホームのメンテナンスなのです。


ここで少し新築の計画についても考えて見ましょう。

安かろう悪かろうの家で20年か30年で建て替えるんだと割り切っている方多いと思います。
でもそれはとても大きな『経済的打撃』で、注文住宅としてきちんと建てれば、適切なメンテナンスをして100年、200年だって住めるんです。

仕事上、新築時から30年の期間で建て替えを繰り返す場合や、50年の期間、100年の期間、200年の期間という期間で電卓はじいてみることもありますが、やはり適切なメンテナンスを適切なときに行い、長く快適に住むほうが短命で建て替えるよりも経済的負担は少ないのは確かです。

特に家の寿命を短く30年という条件で試算しても、必要なメンテナンスを延ばしてプラスになることは何もありません。費用対効果で考えれば確実に早めのメンテナンスが有利です。

例えば、30年て建てかえる計画で100年程の期間で考えてみましょう。
30年で建て替えるのですから、少なくとも3度の新築が必要になります。
総工事費が2,000万円とすると、2,000万円×3=6,000万円
全くノーメンテということにもいかないので10年間で100万円を維持費として考え、100万円×10=1,000万円は少なくとも住むために必要な修繕費とします。

すると約100年間の間に7,000万円必要になります。

そして注文住宅でしっかりつくった家を適切にメンテナンスした場合を考えます。
少し高めに新築時の総工事費が3,000万円として、10年間のメンテナンスコストは年間200万円を維持費として考えて、200万円×10=2,000万円と設定します。

すると100年間の総費用は5,000万円となり、30年で建て替えるよりも2,000万円も安くできました。しかも建物の性能が高いので住み心地が抜群の家です。
もし中間で1,000万円の大規模改修工事を行ったとしても1,000万円も差がつきます。

これだけ早期に建て替える性能の低い家と長期間維持できる高性能な家の違いがあるということです。早期に建て替える場合、解体費用や引越し、工事中の住まいなどの費用も重くのしかかります。

最後に、ご縁があってこのような乱文を最後まで見て頂けたとすれば、是非マイホームのメンテナンスは、資産の保護と価値向上に大きく関係するのだと考えて頂ければと思います。

埼玉県川口市浴室リフォーム

今回は2017年に埼玉県川口市で行った浴室リフォームの事例をひとつご紹介させて頂きます。

既存浴室
改修前浴室
このように既存の浴室は一見キレイに見えるのですが、実は腰から上のほうはキレイなのですが、腰から下はかなりカビが繁殖しています。
このような場合、腰から下のリフォームも当然可能ですが、やはり根本的にタイルの浴室をより衛生的にされたいというお客様のご意向により、今回はユニットバスへの交換をご提案しました。

解体時の作業風景
解体時浴室
このように既存のタイル部分を丁寧に壊し、建物を傷めないようにユニットバスの箱を確保します。

解体後
解体後浴室
つくりによって異なりますが、今回は解体後はこのように仕上げました。

ユニットバス設置用土間打ち
浴室土間
解体が終わったらこのようにユニットバスを設置するための土間コンクリートを打ち込みます。

ユニットバス設置
完成①
完成②
完成③
いよいよユニットバスが設置されました。
今回も設計どおりミリ単位の寸法を計画して納めました。

このような浴室リフォームは決して安かろう悪かろうの施工店では行わないで下さい。
本当に商品が同じでも、その施工内容がまったく異なります。
それは「解体工事」「配管工事」「下地工事」「仕上げ工事」と随所にあり、隠れてしまうから問題ないと思ったら、数年でその結果が現れてきます。

白蟻駆除・白蟻消毒

埼玉県南部で白蟻にお困りの方!

当社は長年白蟻の研究チームとタッグを組み、その生態や習性などを調査してきました。

現在、当社で手がける新築住宅に関しては、全棟白蟻消毒が不要な工法で施工しております。

長年の実績において、被害にあわないことを確認しており、住宅支援機構その他行政並びに第三者機関においても認められております。

しかしここでは、既に被害にあわれてしまった方や、今後の被害予測による予防をされたい方にその対策等をご確認頂きたいと思います。

まずは白蟻って身近なところではピンとこない方が多くいらっしゃることかと思いますが、意外にご近所を含めて近隣で被害にあわれているお宅が多いという事実がございます。

それら被害の程度においてはかなり程度の違いがありますが、土台や柱などの樹種やそれら材木がおかれている環境においては柱から梁まで侵食されているケースも決して珍しいことではないのです。

ここでまず白蟻の予兆としては、よく言われているように、敷地内等において羽蟻を見つけたといったことから始まり、その次に気付くのは既に被害にあった後で、浴室の入口枠の下の部分がスカスカになっているというようなことで発覚するのが一番多いパターンです。

白蟻に対して対応するのは防蟻剤を散布して予防しますが、それは一般に5年間の保証が付けられ、逆に言えば5年間しか保証がありません。ですので白蟻の好む環境が整っていたとすれば、「まだ大丈夫だろう」というような軽い気持ちで対策を先延ばしにするのはとても危険です。

屋根や外壁などのメンテナンスも大切ですが、白蟻に柱や梁を食べられてしまったら部位によっては構造に大きく影響します。やるべきことを確実に行い、マイホームという一番大きな個人資産を守って下さい。

そこで直近で当社で白蟻の被害にあわれたお宅の駆除と予防を行った事例をご紹介致します。

浴室入口枠白蟻被害
浴室入口枠白蟻被害

こちらは虫食いだらけになってしまった入口枠を取り外し、柱への被害を確認してから薬剤散布を行い、駆除と予防を行います。

白蟻被害と湿気による腐食
湿気による腐食
このようにタイルで施工されている浴室入口周りには、湿気や浴室タイルの目に見えないワレなどから長期間しみこみ続けたことにより腐食しており、そこに白蟻も好んで寄ってくるのです。

完成イメージ
浴室入口枠交換
白蟻の被害確認と対策、駆除や予防を終えた後はこのように部分的に補修して完成となり、勿論予算に応じて浴室内を全てユニットバスにするなどの工事も行いながら快適な空間へとリフォームして頂くこともお勧めではございますが、それなりに大きな資金が必要になるので、まずは最低限のご紹介をさせて頂きます。
浴室入口枠交換イメージ

それではこのようなお宅はどのような経路で白蟻が侵入しているのか見てみましょう。
まずは下の写真により基礎下部より土が上に上がっているのがお分かり頂けるかと思います。
白蟻は空気に触れることを嫌うので、このように土のトンネルを作りながら好みの材木まで進んでいくのです。
白蟻浸入経路
よくあるのはこのように角につくられる蟻道です。
蟻道
良く見ないとわかりませんが、下から上に伸びているものが蟻道になります。
このように一見見落としてしまいそうなほどの蟻道ですので、軽く床下で懐中電灯を照らして確認した程度ではわかり難いです。

それと基礎の換気口などから土台上に上がり、根太と呼ばれる床下地材の空間に蟻道を作って移動しているケースもあります。
蟻道横移動
こちらはさらによく見ないとわかり難いのですが、基礎部分には蟻道はないと思って安心していると、横移動により深部まで侵食されているというケースもあります。

以上、白蟻消毒による対策はいくつか方法があり、中には穴をあけて注入したりすることもありますが、普通に考えればわかりますが穴を開けるというのは土台などの主要な構造部材に対して行うのであって、そのような対策は極力避けたほうがいいのです。

従ってそれら建物全体を理解したプロである私たちに施工をお任せ下さい。
ご連絡はお問合せフォーム若しくは下記のメールにてお願い致します。
info@kenchikusp.com