キッチン リフォーム

キッチンのリフォームは主婦の夢でもあります。
でも種類が多すぎてどこから選べばいいのか悩みますよね?
キッチンはメーカーを選ぶだけでも大変です。
ここではまず一番最初に施工業者を選定することからスタートすると良いでしょう。
何社か直接話を聞いて、ご自分の気に入った会社が見つかれば、その会社からきっとあなたにあった商品を提案されることでしょう。

ここではそんなポイントも含めて弊社の施工事例をいくつかご紹介させて頂きたいと思います。
既存キッチン(川越市)
既存キッチン
↑こちらはマンションのキッチン改修事例ですが、マンションは配管などの関係上、あまり大きく位置の移動ができないケースが多いのです。ですが今回は位置の移動がなかったのでその問題はありませんでした。現状にてシステムキッチンではなく、並べるタイプの置き型キッチンが付いていたため、機能面で使いにくいことや、調理台の高さが低すぎて腰を痛めていらっしゃいました。

下記のように配管を移動して
キッチン配管移動

新しいキッチンを設置しました(川越市)
キッチン設置後
↑こちらはマンションで換気扇の位置を変更できなかったため、そのまま利用してフードをステンレスの特注で加工しました。

キッチンフード取付け後
キッチンフード
↑このようにフードをつけて完成です。


続いて戸建ての事例をご紹介します。

既存キッチン(さいたま市)
既存キッチン
↑既存キッチン撤去時の写真です。
台所はどうしても施工直前まで使用されているお客様が多いので、施工日当日の作業前に奥様が片付け終わるのを待って施工することが多いのです。
こちらも既存のキッチンは並べるタイプの置き型キッチンがついていました。

撤去後の壁内部(さいたま市)
キッチン撤去時
↑撤去後の断熱材がボロボロになっているのがお分かりいただけるかと思います。
このようになってしまうと断熱材としての性能はほぼ発揮できないと思います。

断熱材を取り替えて(さいたま市)
断熱材交換
↑右手に冷蔵庫が見えますが、こちらは住みながら改修している事例です。
中には引越しされて大規模に改修される方もいらっしゃいますが、どうしても引越し先などの費用がもったいないので、このように住みながら施工するケースが多いです。
弊社ではキッチンの施工は標準で2日程で施工可能です。
一日でもやろうと思えば可能ですが、やはり安全にしっかりと施工したいので通常は2日ほど頂いております。

キッチン施工後(さいたま市)
キッチン施工後
↑施工後はきれいなシステムキッチンに変わりました。
こちらのお宅はガスからオール電化に改修し、キッチンにもIHクッキングヒーターを採用しました。
キッチン


続いてローコストで改修したキッチン事例を少しご紹介します。

川口市のマンションにてコンパクトキッチンを交換しました。
キッチン既存
↑既存のキッチンは壁タイル張りの並べるタイプの置き型キッチンでした。

リフォーム後(川口市)
キッチン改修後
↑改修後はこのようにきれいになりました。
こちらのお客様はつり戸棚不要ということでしたが、あとでも取り付けできるように壁の補強材とスペースだけは確保させて頂きました。
壁のタイルをキッチンパネルに交換し、並べるタイプのキッチンをシステムキッチンに交換しました。

そのほか、格安リフォーム事例にて一棟丸まるリフォームした事例などもございますので、そちらも参考にされたい方はご覧下さい。

浴室 リフォーム

浴室リフォームについて弊社施工事例をいくつかご紹介させて頂きます。
ユニットバスから御影石張りの浴室までご覧頂きたいと思います。

戸建て一般タイル浴室(さいたま市)
タイル浴室(既存)
↑20年以上使った浴室を丁寧に解体させて頂きました。

リフォーム後(さいたま市)
浴室(改修後)
タイル張りのヒンヤリした浴室を暖かく入れる仕様のユニットバスに改修した事例です。
今回はオール電化で断熱浴槽、そして浴室暖房を装備しました。


既存ユニットバス(川口市)

既存ユニットバス
↑既存ユニットバスの改修事例ですが、ユニットバスでも築15年程度になるとこのように汚れが目立ってきます。汚れだけならいいのですが、水栓金具やシャワー部分、そしてコーキングの劣化などから建物への影響も考えられます。

ユニットバスのカビ(川口市)
浴室のカビ
↑実際にユニットバスでもこのようにカビが落ちなくなります。
お手入れ時の洗剤も強い薬品を使用すると表面の劣化が早まります。

御影石の浴室にリフォーム(川口市)
御影石浴室
↑改修後はこのように御影石でつくりました。
下地のつくり込みも丁寧に施工したので、表面のお手入れにより長くご使用頂けます。

浴室保温工事(川口市)
浴室保温
↑このように床下からの冷え込みも断熱材でシャットアウト!

浴室防水(川口市)
浴室防水
↑在来浴室は防水工事もしっかり施工します!

天井・壁は青森ヒバ仕上げ(川口市)
青森ヒバ
↑天井・壁は青森ヒバの無垢材を採用しました。
抗菌作用に加え、耐久性もあるので環境配慮型の塗装と組合わせて採用した事例です。


川口市マンションユニットバス交換(既存)

既存ユニットバス
↑まだ見た目はきれいなのですが、水栓や金具類、コーキング部分が劣化しており、入口ドアの開閉も支障がありました。

改修後(川口市ライオンズ)
ユニットバス
ユニットバス
↑改修後はこのようにきれいになりました。
入口ドアの開口寸法も広くしました。

浴室改修をご検討の方、是非一度弊社にご相談下さい。
リフォームは気遣いが大切です。
『こだわりの注文住宅』を手がけているからこそ可能な高品質な提案と施工をお試し下さい。

断熱 リフォーム

昔ながらのすき間だらけの家って寒くて体に応えますよね。
そこで今回は住宅リフォームにて家の断熱材を入れ替える断熱リフォーム工事をご紹介します。

内装解体
内装解体
↑まずは内装ボードの解体からはじめます。

既存断熱材
既存断熱材
↑上の写真は勾配天井の屋根面に設けてある既存の断熱材です。
築15年もすれば、たいていはこのようにカビで真っ黒になります。

断熱材撤去
断熱材撤去
↑今回は天井を吹抜けにして屋根面に断熱材を入れた改修事例をご紹介します。
天井が高くなって広々した空間になります。
建物の小屋裏空間は、本来有効利用したほうが絶対にお得です。それは小屋裏収納として利用するもよし、吹抜けの勾配天井として利用するのも良いと思います。

天井断熱施工
天井断熱施工
↑このように天井面に丁寧に断熱材を施工します。

天井仕上げ
勾配天井仕上げ
↑こちらは天井仕上げに無垢の板を張っているところです。

勾配天井仕上げ
勾配天井仕上
↑断熱リフォーム後はこのようにきれいになります。


次に通常の天井の断熱リフォームをご紹介します。
一般的な天井断熱の場合、既存の天井を部分的に解体して入れていきます。

既存天井断熱
既存天井断熱
↑既存の断熱材はこのようにボロボロです。
これは決して珍しいケースではありません。

断熱材交換
断熱リフォーム
↑このように新しい断熱材を入れていきます。
1箇所の小屋裏点検口から工事できる場合もございますが、内装リフォームと一緒に行いながら少し居室側からも作業したほうが作業性が向上するので適切な断熱工事ができます。


次に壁の断熱工事事例も少しご紹介したいと思います。
築20年程の建物の外壁面の断熱材はたいていは真っ黒にカビていて性能が著しく低くなってていることが多いです。

既存壁断熱
キッチン撤去時
↑こんなに真っ黒にカビています。
室温変化のくりかえしによる結露のダメージで、もはや原型のないものもあります。

壁断熱交換
断熱材交換
↑断熱リフォーム後はこのようにきれいになります。

壁の断熱施工
壁断熱施工
↑壁の断熱材は使用される建物の目的や求められる断熱性能によって使い分けます。
内断熱のみの改修か、外断熱にするか、内断熱と外断熱を併用するかという選択肢があります。

壁断熱施工
壁断熱
断熱材はすき間なくきっちり入れていきます。
壁断熱
↑この断熱材の上にボードを張ってクロスを貼れば仕上がりです。

断熱改修工事で一年中快適に過ごすと共に、光熱費を節約しましょう!