作成者別アーカイブ: kenchikushi

省エネ基準を満たした住宅の快適性って?

★平成28年12月11日の23時過ぎの我が家★

現在の我が家の寝室の温度は20℃ちょうどです。
もちろん今日は朝から暖房をつけていません。

当然これを書いている今も。

省エネ等級は平成25年、28年基準でⅣです。
ただ寝室はそれでも深夜や早朝のコールドドラフト(窓面からの冷気下降)が気になるので、後付けでインプラスLOW-E仕様熱取得型を入れました。

それからは音も静になり、本当に快適になりました。

因みに現在の外気温は5℃くらいでしょうか、今晩は2℃まで下がるようです。

毎年断熱性には助けられているため、ついこの時気になるとこの類いの記事を書いてしまいます。

因みに本日の日中の最高気温は9℃でした。

それでもこの時間に朝から暖房を使わずに室温20℃というのには本当に助かりますよね!

日照条件なども影響しますが、基本的にはこの時期は日中に室内に日照を取り入れて蓄熱し、夜間はその熱を逃げないように断熱性でカバーするというスタイルが効率がいいです。

これかれ新築やリフォームをお考えの方は是非省エネ性能に優れたご計画を推奨します。

因みに翌朝の室温は18.1℃でした。
この日の最低気温は1℃で、対照的に私の事務所の朝の温度は8℃でした。

事務所の断熱等級はⅡくらいだと思います。
それでも以前はもっとスカスカの家に住んでいたので、事務所に来ると暖かいと感じたものです。
それが今はとても大きな違いを毎日この身を持って、何年も体感してきているので、断熱の大切さとその圧倒的な存在感というか価値を感じています。

特に省エネ等級Ⅳを満たしても、なおインプラス(内窓)設置によってこれほど快適になるなら、寒さや暑さに弱い方には是非オススメしたいと思います。

決してLIXILの回し者ではありませんが、インプラスの設置には費用対効果もあり、何より日々の快適性や省エネ(ランニングコスト削減)において効果的な商品だと考えます。

設置も簡単で、例えばリビングや寝室だけといった場合でも、仮にリビングに2箇所、寝室に2箇所程度の窓があったし、それぞれにインプラスを設置しても、1箇所あたり1時間程度で取り付けられます。

工程としては、『採寸→見積り→搬入取付』といった具合で、見積り後に発注すれば通常は実働10日程度で入荷して取付が可能となります。寒い冬は勿論、暑い夏にも冷房を逃がさない、そもそも根本的な熱の進入を抑制する効果もありますから、季節を問わず採用したい一品です。

太陽光パネルって必要?

2012年7月よりはじまった太陽光発電の買い取り制度。

当時は出力10kW以上の発電設備で1kWhの買い取り額が40円でしたが、翌年13年には36円、14年には32円まで下がっている。

そして夏頃でしたか、急に九州電力をはじめとする大手電力会社5社が買取を控えると言い出した。さすがにこれでは背中を押した政府の顔も立たないので、11月23日に5社とも再生エネルギー買い取り再会するという報道があった。

ただしこれには条件がついており、電力会社が制限できる制度を拡大することなどを条件に再開するということだ。つまり買い取り制度の条件がどんどん不利になっていく可能性が極めて高くなったということだ。

夏の電力需要を乗り越えるには原発が必要だと言い続けている人もいるが、実際に2度の夏を原発なしで乗り切ったのも紛れも無い事実です。

今、本当に太陽光発電が必要なのだと思いますか?

10年先、20年先、そしてそのソーラーを廃棄するまでを想像すれば、今は太陽光発電を導入すべきではないと考えています。

今は32円の買い取りでも、スグに20円台となり、徐々に切り下げられるのが現在の流れです。

私の周辺においても、電気業者などは昨年から今年にかけて千葉や茨城のほうでずいぶんとだだっ広い土地にソーラーを設置してきたという話しを聞きますが、その目的は投資であり、残念ですが既に投資失敗という結果が出てしまいました。

以上から、実際に私自身もこれまでにソーラーをお客様に一切勧めることなく、逆に使用しないようにアドバイスをしてきました。

ソーラー発電は、投資目的で設置するものではありません。

また、少しでも金銭的な利益を得たいということで自宅の屋根に設置するものでもないのです。

商品の性質をよく考えれば、今畳1帖分で発電できている電力が10年後に同じ能力ということはまずあり得ないでしょう。おそらく10年後は半分以下の電力で発電できていると考えています。

それ以前に、10年後は家の中から電気の配線がなくなっているかもしれません。

ほとんどの家電は自己完結型の電力でまかなうということが理想的なので、そのような発展を遂げていくのもそう遠くはない事だと考えています。

それに、今屋根に乗っているソーラーは、早ければ設置から10数年で壊れて廃棄することになる可能性もあります。屋根というのはかなり強烈な日射熱を受け、パネルの急所を劣化させます。少なくとも20年という耐久性は私には考えられません。

「集熱の進化」と「パネルの劣化」のどちらが早まるか解りません。同時進行ですから10年後には今のパネルは不要になっているでしょう。ゴミとなって環境を手助けするはずの太陽光パネルが、環境破壊に繋がっては話しになりません。

これから設置をご検討の方、どうぞよくお考え下さい。

住宅は資産として評価する

こんにちは。
埼玉県の注文住宅 新築 リフォームなら「原価で建てる自然素材の家」「外断熱の家」(有)埼玉建築職人会にお任せ下さい。

マイホームが資産であるということはみなさんも容易にお分かり頂けると思います。

ではなぜこれほどリフォームをせずに家の寿命を縮めている人が多いのでしょうか?

適切なときにリフォームしないということは、見方によっては「趣味のスクールの契約」をして毎月お金は引き落とされているけれど通わないのと同じようなことで、ようするにお金を捨てている状態です。
私はよく街を歩きながら痛んでいる家を見てそう感じます。

その中には、そうして放っておくことによって、その仕上げ材で隠れている部分はきっとすごく傷んでいるだろうなと想像しています。私は仕事上、常にそんなことを気にかけながら車を走らせたりもしています。

経験上、それらの家の劣化状況を見て、どのくらい劣化していて、それがどのくらい深刻なものなのかが想像できる。そしてなおも放っておくと費用面での負担がどのくらい増えてしまうということも考えてしまいます。

そのようなメンテナンスが必要になっても何のメンテナンスもしないでずっと放っておいている家があちこちに数え切れないほどあるのです。

現在、いろいろな商品の物価が上昇し、消費者である私たちは少しでも安くて安全なものを求め、日々の生活費をやりくりしていますよね?

でもそんな日々の小さな努力によって貯めたお金が丸ごと吹き飛んでしまう『費用面での負担』がこのメンテナンスをしないで放ってある住宅にはあるのです。

屋根のメンテナンスひとつ取り上げても。
例えば、一般的に多く採用されている「スレート系屋根」を15年間何のメンテナンスもしないで放っておいたとしましょう。

すると「本来なら7年ほど」、遅くても「10年以内には一度塗り替えたい部分」ですが、15年もノーメンテということは、少なくとも5年間も余計に屋根素材の劣化を進行させてしまっているということになるのです。

私が手がけた多くのスレート系屋根のリフォーム現場では、築15年、もしくはそれ以上の現場は、見た目よりも劣化しているケースが多いのです。ただ劣化しているだけならまだいいのですが、屋根の素材自体が歪んで建物との間に「すき間」ができ、強い雨の状況下では容易に建物まで水が入ってしてしまうのです。

つまりそこから少しずつ腐り始めるのです。

そうなると本来は塗装で済む工事が塗装では済まずに全面張替えになってしまうという事例も少なくありません。

なんと、全面張替えの費用は塗装の3倍以上します。

これは少なくても3倍必要になるということで、建物の修繕などを行うと4倍から5倍というケースも大げさなことではないのです。

具体的にお金に置き換えると10万円の塗装工事が30万円~50万円の全面張替えになってしまうというようなイメージです。

どうでしょう?

こう考えるとマイホームのメンテナンスってとても大切ですよね。


以前の記事でサイディングの変色

という事例をご紹介しましたが、ここで私が紹介した変色事例は築年数が比較的浅い物件なのです。

つまり築15年程でもサイディングのメンテナンスをしないで放っておくと、材料が変色してその異変に気付いたときにはもう遅いのです。そのとき既にサイディングは歪んでいるでしょう。

「問題が起こるまで」なかなか動けない方が多いとは思いますが、銀行にお金を預けて自分の資産を守り、日々の生活を工夫して少しでも切り詰めすることも大切ですが、それ以上に大切なのはマイホームのメンテナンスなのです。


ここで少し新築の計画についても考えて見ましょう。

安かろう悪かろうの家で20年か30年で建て替えるんだと割り切っている方多いと思います。
でもそれはとても大きな『経済的打撃』で、注文住宅としてきちんと建てれば、適切なメンテナンスをして100年、200年だって住めるんです。

仕事上、新築時から30年の期間で建て替えを繰り返す場合や、50年の期間、100年の期間、200年の期間という期間で電卓はじいてみることもありますが、やはり適切なメンテナンスを適切なときに行い、長く快適に住むほうが短命で建て替えるよりも経済的負担は少ないのは確かです。

特に家の寿命を短く30年という条件で試算しても、必要なメンテナンスを延ばしてプラスになることは何もありません。費用対効果で考えれば確実に早めのメンテナンスが有利です。

例えば、30年て建てかえる計画で100年程の期間で考えてみましょう。
30年で建て替えるのですから、少なくとも3度の新築が必要になります。
総工事費が2,000万円とすると、2,000万円×3=6,000万円
全くノーメンテということにもいかないので10年間で100万円を維持費として考え、100万円×10=1,000万円は少なくとも住むために必要な修繕費とします。

すると約100年間の間に7,000万円必要になります。

そして注文住宅でしっかりつくった家を適切にメンテナンスした場合を考えます。
少し高めに新築時の総工事費が3,000万円として、10年間のメンテナンスコストは年間200万円を維持費として考えて、200万円×10=2,000万円と設定します。

すると100年間の総費用は5,000万円となり、30年で建て替えるよりも2,000万円も安くできました。しかも建物の性能が高いので住み心地が抜群の家です。
もし中間で1,000万円の大規模改修工事を行ったとしても1,000万円も差がつきます。

これだけ早期に建て替える性能の低い家と長期間維持できる高性能な家の違いがあるということです。早期に建て替える場合、解体費用や引越し、工事中の住まいなどの費用も重くのしかかります。

最後に、ご縁があってこのような乱文を最後まで見て頂けたとすれば、是非マイホームのメンテナンスは、資産の保護と価値向上に大きく関係するのだと考えて頂ければと思います。